ActionPassportは申請・決裁業務の電子化を行うことが可能なワークフローソリューションサービスです。

今の書類がそのまま使える!ワークフローサービス

ActionPassport

アクションパスポート

資料ダウンロード早わかりムービー
ActionPassportなら、
業務スピードはもちろん、柔軟性とシステム連携で、
中堅企業の拡大するニーズに最適なワークフロー環境を構築できます。

ワークフロー申請業務ならActionPassport!

  • IT製品比較サイト総合ランキング
    1
    IT製品の比較サイト「ITトレンド」で、常に上位のアクセス数となるワークフローカテゴリー内で、人気製品ランキング1位を獲得しました。これまでの運用からのスムーズな移行など、多くの特徴をご評価いただいています。
    ※2013年・2014年・2015年に人気製品ランキング1位獲得
  • 完全月額制で使い放題!
    「ActionPassport」は月額課金制のASP・SaaSサービスで初期コストを大幅に抑えられます!ご利用容量には制限がなく、日々増え続ける申請書類もそのまま保管できます!
    外出先でもモバイルからスピーディーに決裁!
    モバイル専用画面でスマートフォンから簡単にアクセスでき、承認/決裁処理もスムーズに行えます。標準サービスのため、別途契約や費用はかかりません。
  • 既存システムとも繋がる!外部連携
    APIやデータ出力など豊富な外部連携機能で、ご利用のシステムと連携し、スムーズに業務を行うことができます。
  • 紙の申請書と同じ見た目だから移行もスムーズ!
    申請書類は、お使いのExcelファイルを取り込んで効率的に作成可能です。Excelの統合されたセルなどはそのまま「ボックス」として再利用できるため、ひとつひとつボックスを配置していく手間のかかる作業は不要です。
  • 直感的な操作ができる管理ソフトウェア
    ワークフローの利用開始までに準備すべきすべての設定を、高機能で直感的に操作できるDesignerソフトウェアで行います。分かりやすい管理画面や、ドラッグ&ドロップでの操作など、効率的な構築作業が行なえます。
  • 気になるセキュリティも安心
    イーネットソリューションズは、データセンター運用のプロフェッショナル!回線、サーバーなどはすべて冗長化され、24時間365日スタッフが監視しています。
  • 組織変更にもらくらく対応!
    「ActionPassport」は組織の複製が簡単!複製した組織をドラッグ&ドロップで編集可能です。また、複数の組織を同時に利用することができます。
  • 特長を詳しく見る

イーネットソリューションズはデータセンター運用のプロフェッショナル! 実績のある運用体制で安心して大切なデータをお預けいただけます。
2018年04月20日 17:21 インフォメーション 重要 ActionPassportで生成されたPDFファイル閲覧についての注意事項

お客様各位

2018年04月20日
株式会社イーネットソリューションズ

ActionPassportで生成されたPDFファイル閲覧についての注意事項

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
株式会社イーネットソリューションズサポートセンターでございます。


現在ご利用中のActionPassportサービスにつきまして、ActionPasssport上で作成された
PDFファイルを、動作対象の「AdobeReader」以外のPDF閲覧/編集ソフトで閲覧した場合に
Designer上で非表示設定した項目がPDFファイル上に表示されてしまうという事象の報告が
ございましたので、ご案内申し上げます。

詳細は以下のとおりでございます。

*************************************************************
■事象
ActionPassportサービスで生成されたPDFファイルを、動作対象の「Adobe Reader」以外の
PDFソフトウェアで閲覧した際に、Designerで非表示設定されている項目が表示される場合が
ございます。
※通常AdobeReaderで開いたときにPDFファイル上には表示されない「申請/承認ボタン」や
 お客様がDesignerにて「非表示」設定をした項目が表示される場合がございます。

■ActionPassport上での「非表示」設定につきまして
ActionPassportでは、PDFフォーマットとして用意されている「入力テキスト」の非表示設定を
使用して非表示項目を実現しております。
具体的には、Designer上で以下の手順でオブジェクトを非表示に設定する事が可能となっております。
→ドキュメント編集画面を開く。該当のオブジェクトのプロパティ-[出力時]-[表示と印刷]にて
 「非表示」と設定。

こちらの設定につきましては、動作対象の「Adobe Reader」では有効となる設定ですが
その他のPDFソフトウェアでは、非表示設定に対応していないものがあるため、表示されて
しまう場合がございます。

■対応
取引先企業など外部に送付・公開を目的としたドキュメントでは、「非表示」に設定した
入力テキスト等に機密情報を設定することはお控えください。
また、現在開発中のActionPassport次期バージョンでは、PDF生成仕様が変更される
予定ですので本現象は発生しない見込みでございます。

ご契約中のお客様に関しましては、本件に関する暫定対処方法を別途メールにて
ご案内させていただきますので、お手数ですがご確認の上、ご対応いただけますようお願い申し上げます。

***********************************************************

今後、追加情報等がございましたら、引き続き本ページにて
ご案内させていただきます。

全機能をお試しいただける 体験サイト をご用意しました! メールフォームにてお申込みいただければ、
ActionPassportを今すぐお試しいただけます。
この機会にワークフローの利便性をお確かめください。

詳細はこちらから

TOP

Copyright © 2010-2018 eNet Solutions Co.,Ltd. All rights reserved.
eNetSolutions