VERSION UP新バージョンV5

新バージョンV5はさらに使いやすく、より直感的に操作ができるようになります!

ホーム
機能
新バージョンV5

まもなく登場、V5の「ここが変わる!」をご紹介。


デザイン刷新でより明快で直感的に

だれでも簡単に操作できるUI/UXレイアウトへ

Human Centered Design(人間中心主義の設計)を基本とし、必要な操作がすぐに理解できるデザインで、初めて使う方でも迷いなくご利用いただけます。
更に、申請や承認完了までの画面遷移を少なくし、より直感性を高めました。

  • 申請フォーム一覧ページ
  • デザイン刷新 一覧

  • 申請フォーム
  • デザイン刷新 申請フォーム

管理機能が統合され操作性アップ

最新のWeb型管理機能を追加

機能の所在を統合・集約することで操作がより直感的になりました。

  • ユーザー管理(旧:メンバ、組織管理)
  • コンテンツ管理(旧:フロー、ドキュメント、公開区分、自動採番)
  • 運用管理(旧:ワークフローシステム管理機能)
  • システム管理(旧:ワークフローシステム設定)

初期立ち上げ時や大量のフォームを作成する際など、様々なユーザーに対して柔軟に管理権限を付与することで管理の負荷分散を実現します。

管理画面の統合

DesignerをインストールすることなくWeb上で操作が行えるようになりました。フォーム作成部分のみ単体のクライアントアプリケーション「フォームマネージャー」を使用します。

フォームマネージャー

その他ユーザー操作の追加機能と改善点

マルチフォーム(ユーザーによるページ追加)機能追加

マルチフォームは、申請する内容により必要なページを追加できるため、多種の申請書を1セットで登録・申請が可能です。

  • フォーム ページサムネイル

    マルチフォーム ページサムネイル

  • フォームマネージャー画面

    マルチフォーム フォームマネージャー

フォーム上に画像添付

マルチフォームは複数種類の帳票を組合せて一つの帳票とし申請が可能です。
申請書にJPGやBMPフォーマットで保存された写真・画像データをフォーム上に表示することが可能になりました。

    フォームに画像添付

  • フォームマネージャー画面

    絞り込み

案件の関連付け

申請時に関連する案件を複数選択し関連名を設定し管理することが可能になりました。
申請者や承認者は、関連付けられた申請ドキュメントを相互に参照することができるので、一つの業務で複数の申請が必要な場合に便利な機能です。

  • 申請フォーム(関連案件の選択)

    案件の関連付け 申請フォーム

  • 進捗状況確認画面

    案件の関連付け 進捗確認画面

  • 処理待ち一覧

    案件の関連付け 処理待ち一覧

その他

詳細設定画面の省略(入力フォーム画面の刷新)

  • 詳細設定画面を省略することで、スムーズに申請・承認が行えるようになりました。

申請フォーム選択画面の強化

  • サムネイル表示と一覧表示の2パターン表示が可能になりました。
  • 階層での表示とすべて表示(フォルダ以下含め)が可能になりました。

下書き保存の機能強化

検索機能の強化

申請取り戻し時の履歴表示可能に。

差戻しの履歴表示可能に。

その他管理者操作の追加機能と改善点

カスタムデータベース

外部のデータベースのテーブル参照の他、ユーザーが独自に管理可能なカスタムデータベースを利用することができます。データベースに作成されたカスタムテーブルのデータは、入力フォーム上で利用することができ、対応する帳票種や帳票の表現力がより向上します。

カスタムデータベース

フォルダーでの編集権限管理

コンテンツの編集権限をフォルダーで管理が可能になりました。

  • 管理者がコンテンツをフォルダー分けすることでメンテナンス性が向上します。
  • 所管部門ごとにコンテンツ編集権限を割り振ることで生産性が向上します。
  • 誤って関係のないコンテンツを編集・削除してしまうことを防止できます。

業務区分:適用範囲をまとめて追加

その他

組織変更時の引き継ぎ機能を強化しました。

閲覧者のAND・OR対応可能になりました。

公開までの手順・設定の流れを見直しました。

  • 旧バージョンでの、ルート作成・編集時にドキュメントを設定する仕様ではなく、フォームとルートを指定しワークフローを作る仕様となり、より直感性が増しました。

Web API(REST 形式)によるシステム連携

httpリクエストでデータを受け渡し

従来の SOAP API に加え、WebAPI(REST 形式)を実装しました。 httpリクエストでデータを受け渡すことにより、申請・承認処理などの処理を外部のアプリケーションより実行することが可能となります。

WebAPIシステム連携

■ 新規のお客様

追加情報・リリース情報に関しては後日、本ページでお知らせします。

■ 現在ご利用中のお客様

ご利用中のActionPassportV5バージョンアップについては、個別にサポートセンターよりご案内させていただきますので今しばらくお待ちください。